プログラム不要のASPのアプリ制作ツールは使える?

By - Last updated: 水曜日, 6月 8, 2016

スマートフォンが一般的に普及されてきたことで一気に身近になったスマートフォンアプリ。

このスマートフォンアプリを自社でも作ろうという動きで、近年では多くの企業がアプリ開発に乗り出しました。

まだアプリが一般的ではなかった時代には、アプリ制作にかかる費用も莫大だった為、開発を出来る会社は、多くの開発費を払える大企業か、技術力のある会社に限定されていました。

アプリを開発するには、アプリ開発の実績のあるアプリ制作会社に頼むのが、一般的ではありましたが、最近ではフリーでアプリ制作を請け負ってくれるフリーのエンジニアに、簡単に発注がかけられるクラウドソーシングと呼ばれるサービスも利用者が増えています。

中には海外のオフショア開発を行っている海外のアプリ制作会社との橋渡しをする、ブリッジSEの役割を行うシステム会社もクラウドソーシングでは多く見かけます。

アプリ開発を自分でやってみたいと開発方法を調べた人も多くいるかとは思いますが、iPhoneアプリであればObjective-CやSwiftという言語を覚える必要があり、AndroidアプリではJava言語をマスターしなければいけません。

アプリ開発自体も難しいのに、開発言語が既にパソコン時代から、プログラマーをやっていた人でもなかなか難解で覚えられないという人も多い言語なので、自分で作るのは断念し、アプリ制作を外注で依頼しようと考える人が多いのです。

ところが、そのアプリ制作にかかる費用は高額で、開発にかかる費用の相場を比較してみても、アプリ制作会社を通すとかなり高額になる為、少しでも費用を抑えるために、海外のオフショア会社に外注したり、クラウドソーシングを利用して、フリーのエンジニアに直接アプリ制作を依頼する人が増えているのです。

しかし最近では、プログラム知識が無くても簡単にアプリが作れる、アプリ制作ツールが多数出てきていて、その種類は海外だけではなく、日本でも増えてきています。

プロジェクトマネジメント

その種類としては、iPhoneアプリとAndroidアプリのいずれかに特化したアプリ制作ツールや、ゲームアプリが作れるアプリ制作ツールなど種類は様々です。

そしてこのアプリ制作ツールの凄いところは、プログラム知識が無くても簡単にアプリが作れるだけではなく、費用が無料のアプリ制作ツールが多いことや、そのクオリティの高さにあります。

無料のアプリ制作ツールで作ったゲームアプリが大ヒットした例や、月額は1万円程度かかるアプリ制作ツールで作ったアプリで集客に大成功し、売り上げが2倍に伸びたり、広告収入が得られているケースもあるのです。

アイデア次第ではかなり本格的なアプリも簡単に作れるので、アプリ制作ツールはビジネスでも使えますしオススメです。

Filed in 方法 •

フリーエンジニアとアプリ制作会社はどちらが安いのか?

By - Last updated: 水曜日, 6月 8, 2016

これからアプリ制作を依頼しようと考えている人にとって、通常はアプリ制作会社に依頼するのが通常のパターンでしたが、金額がかなり高額だった為に、最近ではさまざまな方法で、安くアプリ制作を行える選択肢が増えています。

通常の国内にあるアプリ制作会社に依頼した場合の費用の相場としては、どんな簡単なカジュアルアプリだったとしても最低100万以上はかかると言われています。

ですので、あまりアプリ制作費用の相場と比較して、ローコストで外注したいとなった場合、最近ではオフショアで海外にアプリ制作を外注しているアプリ制作会社も人気です。

国内のエンジニアが在籍しているアプリ制作会社や、オフショアのアプリ制作会社以外ですと、クラウドソーシングと呼ばれる、直接アプリ開発エンジニアに遠隔でアプリ制作を依頼出来る、ネットサービスを提供している会社もあり、このクラウドソーシングを通して、フリーのアプリ開発エンジニアにアプリ制作を依頼する人も増えています。

直接フリーのアプリ開発エンジニアにアプリ制作を依頼出来るメリットとしては、アプリ制作にかかる費用の大半が人件費なので、当然、アプリ制作会社を通しますと、同じアプリ開発エンジニアが作った場合でも、アプリ制作会社の利益分費用がかかってしまいます。

ところが、フリーのアプリ開発エンジニアにとっても、依頼者にとっても、間に入るアプリ制作会社の利益がかからない分、フリーのエンジニアは多く報酬が得られ、依頼者はアプリ制作会社を通すよりも安くアプリ制作が出来るというメリットがあるのです。

ソーシャルメディアとは何か

値段だけで考えたらアプリ制作会社は企業であるがゆえに、当然それなりの利益を乗せた価格で出してきますので、相場より安くなることはありません。

しかし、フリーのアプリ開発エンジニアは、掛け持ちして複数のアプリ開発を行っていますので、納期の問題さえクリアになるのであれば、比較的多くの仕事を並行して取っていこうと考えます。

これは1個の仕事に集中した場合、その仕事が終わるタイミングで、次の仕事がタイミングよく見つからなければ、結果的に無収入の期間が増えてしまい、この無収入の期間が影響して年収が下がってしまいます。

ですので、ほとんどのフリーのエンジニアは、仕事があれば稼げるうちに稼ぐという考え方で、相場と比較して安い費用であったとしても、納期が比較的融通が利いたり、条件さえ合えば受けることも多いので、相場よりも安く引き受けてくれる人も多いのです。

Filed in 方法 •

オフショアでアプリ制作した場合費用は安い?デメリットは?

By - Last updated: 火曜日, 5月 3, 2016

アプリを開発しているアプリ制作会社の中には、自社の社員のアプリ開発エンジニアが、全て社内にいるという会社と、オフショアといって海外のアプリ開発の会社に外注をしている海外オフショアのアプリ制作会社があります。

なぜ自社のアプリ開発エンジニアではなく、海外のアプリ開発を行っている開発会社などと提携し、海外のアプリ開発エンジニアにアプリを作らせるのでしょうか?

実はアプリ制作をする際の費用としては、どうしてもアプリ制作を行うエンジニアの給与の相場が普通のエンジニアよりも高額なので、結果的に開発期間に応じてアプリ開発エンジニアの給与がその分、アプリ制作の費用としてかかってきます。

つまりアプリ制作にかかる費用が高額なのはアプリ開発エンジニアの給与が高額なのが原因で、給与の安い海外のアプリ開発エンジニアに開発を依頼することで、アプリ制作費用を大幅に抑えることが出来る。

すべて日本のアプリ制作エンジニアにアプリ制作を行った場合の費用と、海外のオフショア開発の企業に依頼し、アプリ制作を行った場合の費用を比較した場合、平均的に約4割アプリ制作費用が安いことが知られています。

アプリ制作にかかる費用の大半が人件費なので、日本人のアプリ開発エンジニアと、海外のアプリ開発エンジニアでは、物価も違うし給与水準が全然違うので、海外の優秀なアプリ開発エンジニアを押さえられた場合、開発費用は大幅に安くなります。

アプリ開発に必要な経費の計算

費用が安く作れるということは大きなメリットではありますが、オフショア開発によるアプリ制作にはデメリットは無いのでしょうか?

オフショア開発で考えられるデメリットとしては、まずは距離が離れているため、簡単に打ち合わせ出来ないということと、品質やアプリの仕様、進捗状況の管理の問題などがあげられます。

オフショア開発によるアプリ制作会社はコストが安い分、費用面ではとても助かります。

しかし国内で直接作りたいアプリについて打ち合わせをしたり、出来上がりの途中経過をマメに確認して、イメージ通りのアプリに仕上がっているかなど、細かい打ち合わせが出来ないことが不安要因としてはあります。

やはり納品されてみてから、全然望んでいないアプリが納品されてしまっては、確実にトラブルになると思いますので、頼む側が素人であれば尚更、海外で開発を行うオフショアが心配になると思います。

しかし最近ではネット通信などで、世界中とテレビ電話のように打ち合わせをしたり、途中経過のアプリをダウンロードして確認をすることも出来るので、そういう意味では海外のオフショアでも特に不安は少ないと考える人が増えています。

Filed in 方法 •

一般的なアプリ制作にかかる費用の相場とは?

By - Last updated: 日曜日, 5月 1, 2016

最近さまざまなネット上のプラットフォームがパソコンからスマホになってきたことで、企業のサービスやホームページなども徐々にアプリ化が進んでおり、それに伴ってアプリ制作を始める企業や個人が増えてきています。

世の中がどんどんアプリ化が進むことで、今後アプリ制作を始めようと考える企業もアプリやスマホの普及に比例して、年々増加しています。
初心者が一番気になるところは、どれ位の費用がかかるのかという部分だと思いますが、一般的にアプリ開発にかかる費用の相場はどれ位かかるのでしょうか?

最近のアプリ開発と言えば、費用をかけないで作ることの出来るアプリ開発ツールなどもありますが、自分でアプリを作れない人にとっては、アプリ制作会社に外注するのが一般的です。

自分でアプリ開発をした場合、かかる費用としては開発環境を整えるという意味で、Mac OS XとWindowsパソコンのいずれかが必要となります。

これがiPhoneアプリを作る場合であればMac OS Xが必須となります。

そしてアプリ登録にはApp Storeに公開するのにiOS Developer Programに申請するので、その費用は年間で11,800円がかかります。

そしてAndroidアプリであればMac OS XでもWindowsパソコンでもどちらでも大丈夫で、AndroidのGoogle Playに公開するにはGoogle Playデベロッパーアカウントに登録が必要です。

そしてその際の登録費用は初回のみで25ドルです。
つまり自分でアプリ開発を行う場合にはパソコン代が必要無ければアプリ公開にかかる費用しかかりません。

そして外注でアプリ制作会社に外注で依頼する場合、当然、外注費用がかかりますが、アプリ会社のアプリエンジニアがアプリを作るとなると、単純にアプリエンジニアの給与以上の費用がかかることは容易に想像がつきます。

アプリ開発に必要な経費を計算するとき使う道具

給料以外にもサーバーの月額費用やアプリデザインをするデザイナーの費用、ディレクションをする社員の給料などもかかってくるので、全て社員でまかなっている、アプリ制作会社でアプリ制作を依頼した場合の相場で考えると、どんな簡単なアプリでも、最低でも100万~1,000万で、難易度の高いアプリであれば、数千万の価格も考えられると思います。

しかし最近ではそういったアプリ制作会社と比較して、大幅なコストダウンと、開発力を売りにしているのがオフショア開発を行っているアプリ制作会社の存在です。

実は海外オフショア開発会社100社に対して、実際、国内のアプリ開発会社と比べて、どれ位コストダウン出来たのか?という調査を行ってみたところ、平均約40%という答えが出ています。

国内のアプリ開発会社が1,000万という見積りのアプリが、海外オフショア開発会社であれば、約600万円前後でアプリ制作を受けてもらえるという調査データもあり費用は割安となります。

Filed in 方法 •